食物繊維の摂りすぎで便秘が悪化

便秘には食物繊維といわれています。食物繊維は腸の働きを促したり、便のカサを増やしたり、善玉菌のエサになる働きがあります。野菜、果物、海藻、きのこなどに多く含まれています。
しかし、食物繊維で便秘が悪化するケースもあります。それがけいれん性の便秘です。けいれん性便秘はストレスが主な原因で、腸が過剰に動いて便の移動がスムーズにできなくなっています。食物繊維を摂りすぎると、腸の働きが亢進して便秘が悪化します。食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、けいれん性便秘の方は水溶性食物繊維を摂るようにするとよいです。